《院長》 櫻木 唯

はり師免許証番号 :第165439号
きゅう師免許証番号:第165147号


私は幼いころから肩こりに悩まされ続け、そのために全身が怠く疲れやすくてさらに頭痛にも苦しめられていました。
幸い母が鍼灸師でしたので症状がひどくなるとそのたびにマッサージや鍼をしてもらい、辛さを軽くしてもらっていました。
痛くなったときは本当につらく、腕や肩をもいでしまいたいと思っていたのに、治療してもらった瞬間スッと楽になることから鍼治療に感動しました。
この感動を多くの人に味わってもらいたい、病院や整骨新に行っても治らずに困っている人へ鍼のすばらしさを知ってもらいたいと思い、鍼灸師になりました。

祖父と祖母、そして母と名古屋にある代々の鍼灸師の家に生まれ、祖先からの技術を受け継ぎ、さらに自分も鍼灸師として技術を高めたいとおい思いから、東京の鍼灸院を転々と就職してきました。
ところがある日、北京堂のホームページを発見し、そこに記載された治療法が実家の治療法とそっくりだったのです。
今まで働いてきた鍼灸院は浅く痛くない鍼ばかりで、あまり効果もなく自信を失っていたときだったので、北京堂の治療法にとても興味をもち、北京堂方式が実家の治療法と全く同じかどうか、効果があるのかどうか興味を覚え、ぜひとも弟子入りしたいと申し出ました。

中国に現存する世界最初の鍼灸書である「鍼灸甲乙経」には”1回で効果をわからせて3回で完治させる”とあります。
古代の人間と現代人とでは、社会構造や人間関係の複雑さからそれほど単純には治らないとは思いますが、現代であれ少なくとも3回で効果を現し、10回以内で完治させることは鍼灸で可能だと思います。



SUB MENU

営業日カレンダー

× × ×