北京堂蒲田では 痛みの原因となっている筋肉に鍼を届かせることで 痛みを確実に取り除き、完治を目指します。

お知らせ

★土曜・日曜も休まず営業中!!

12月23日(日)は通常通り営業致します。


年末年始の休み:12月31日(月)〜1月4日(金)

治療方針

北京堂鍼灸 蒲田では浅野式の鍼治療をしております。
浅野式は筋肉が収縮し続けて神経や血管を圧迫することで発生する痛みの治療を得意としています。
筋肉が収縮して神経を圧迫することで、運動神経圧迫なら痙攣がおきたり動かなくなり、知覚神経圧迫ならしびれや痛みとなります。

本来は柔らかくて収縮性のある筋肉ですが、使いすぎて酸素不足になったり、不完全燃焼によって筋肉内に疲労物質ができると、筋肉が縮んで硬くなってしまいます。
また、廃用性萎縮といって脳卒中・寝たきりなどで動かない時間が長い場合でも静脈の血液が循環しなくなり、静脈が滞るため動脈からの血も通わなくなります。
血液が流れないと筋肉は酸素不足となり、筋肉が縮んで硬くなります。
筋肉が収縮しつづけると、運動神経を圧迫刺激して筋肉に収縮パルスが発生し、その循環を繰り返して自然には柔らかい筋肉に戻らなくなってしまいます。
その理由は、筋肉が一旦収縮すると神経だけでなく血管も圧迫するからです。
しめつけられた神経は、知覚神経なら痛みとなり、運動神経ならパルスを出して筋肉を収縮させ、ますます筋肉の収縮を激しくします。
それだけでなく、筋肉の中には血管が通っているので、筋肉に圧迫されて血が流れなくなれば体温が伝わらずに冷たくなり、酸素を含んだ血が流れてこないため、筋肉の委縮が進みます。

ぎっくり腰なら1回で完治、五十肩の夜間痛も1回で半減以上にすることができます。
慢性の腰痛や首こりからくる頭痛なども3回以内に効果をだすことが可能です。
どこに行っても効果がない、痛みで日常生活に支障が出るという方におすすめの鍼治療です。
鍼灸整骨院などでやっている浅く痛くない鍼と違って、当院の鍼治療では響きを伴います。
症状が重ければ重いほど響きも強く、治ってくると響きは小さくなっていきます。
昔から鍼をして響きがなければ効果はないと言われており、血流が悪くなって硬くなった筋肉に鍼が届くと必ず響きます。
響きがなければ悪いところに当たっていないということになり、響けば必ず症状は軽くなります。
悪い筋肉に鍼が当たると、その筋肉が収縮して普段の痛みが再現されます。
その状態を響いているといい、そのまま鍼を数十分置いておくとどんどん緩んできます。
もちろん緩んでくれば響きもおさまってくるので、鍼を置いている間ずっと痛いわけではないのでご安心ください。
当院では確実に悪い筋肉にむかって治療していくので、響きは強いですがその分効果も必ずあります。

SUB MENU

営業日カレンダー

× × ×

Twitter